Print Shortlink

仕事で求められるものは、学生と社会人で違う

仕事においてはアルバイトも正社員も同じだと言われることがあるでしょう。けれども、会社から求められるものは、学生と社会人とでは異なることを知る必要があります。学生は勉強することが本分です。会社もそれを心得ているので、学生にはルーティーンワークしか期待しない場合が多いようです。つまり学生には、やるべきことを用意して、それを遂行することだけを求めているというわけです。

しかし社会人となれば話は違ってきます。社会人は仕事が本分だからです。つまり、仕事にはそれを円滑にこなすスキルを備えることを求められるのです。また、それと同時に責任も問われることになります。学業が本分と言われる学生にはそれほど責任を負わせませんが、何かミスがあれば、指導が不十分であった会社や社員にに責任が問われるというわけです。そのため社会人になると、ミスの責任を問われることになります。報酬を貰う代わりに、自分の言動には責任を持つことをしなければなりません。

一方学生は、基本的に指示された通りに動けば良いとされます。もちろん、自分で判断し決断できる人材は学生であれば歓迎されますし、評価もされます。けれども決してそれを、学生のアルバイトに期待しているわけではないのです。

しかし反対に社会人は、何をすべきかを自分で考えて判断することを求められます。単に指示されたことだけを行い、指示を待つだけでは駄目ということです。それができなければそれなりの収入しか得られないことになるでしょう。つまり、能力に応じて報酬に差が出てくるということです。ですから、社会人が安定した収入を得て、会社で必要とされる人材になるためには、責任を持って行動し、スキルを磨いていくことが必要なのです。